イビサクリームの効果が出るまでの期間・即効性はあるの?

イビサクリームの効果が出るまでの期間を知りたい女性

イビサクリームはデリケートゾーンの美白ケアに向けて開発されたクリームです。肌の黒ずみは気になる悩みですが、とくに脱毛をされている方は肌がすべすべになるにつれて肌の色がとても気になると思います。

そんな肌にイビサクリームの効果は実感できるまで期間がどれくらいかかるか心配な方もいるでしょう。お肌のケアは時間がかかりますが、できればすぐに美白効果を得たいデリケートゾーン。イビサクリームの効果がわかるまでの期間についてご説明しましょう。

イビサクリームは最低でも3か月間は使ってみよう

メーカーによく問い合わせされるご質問で、「どれぐらい使えば効果がわかるのか」。イビサクリームの効果がわかる期間は個人差がありますので、何回使用すれば良いという答えはありません。一番早く美白を実感するためには毎日2回継続使用することをオススメします。

肌に蓄積される有効美白成分がどんどん効果を発揮するためにも、毎日使うことがコツ。そして肌のターンオーバーを考えると最低でも1ヵ月~3ヵ月は使用したほうがよいでしょう。気になることや心配な点はイビサクリームのカスタマーセンターの女性スタッフが相談にのってくれますので、使用方法や期間など疑問があったらどんどん質問してみましょう。

メラニン色素はすぐに消えるものではない!

顔にできるシミやくすみなど美白美容液をつけても翌日に白くはなりません。そもそもこれらの原因になるメラニン色素は皮膚内で生成されるものなので、外側からこすったり効果のない美白化粧品を使用してもあまり変化は期待できないのです。

肌は紫外線を浴びると細胞を守るためにメラニンが作られ皮膚が黒くなります。日焼けした肌がすぐに白くならないのと同じで、肌の黒ずみやくすみは必要以上にメラニンが増加しているサイン。そのため美容観点からも適切な方法で皮膚の色を正常に戻すことが必要なのですが、そのためには肌の新陳代謝との関係を考えないといけません。

古くなった角質層がはがれて新しい角質層ができるまでに約1か月。しかし肌環境が乱れている方やうるおい不足の肌だとさらにサイクルが乱れてしまいます。

イビサクリームは肌を漂白するクリームではない?

イビサクリームはデリケートゾーンやひざ、ひじ、ニキビ跡などの肌の黒ずみケアのための美白クリームです。美白ケアは皆さんもご存じのように時間がかかりますので、イビサクリームの効果がわかる期間は気になるところでしょう。

そもそもイビサクリームには美白有効成分のトラネキサム酸や保湿成分などが配合されています。トラネキサム酸はメラニン色素を生成するメラノサイトを抑制する働きがあり、シミやくすみの慢性微弱炎症状態に作用する成分。そのため時間をかけてアプローチしていますので、肌を漂白するような刺激の強い美白効果がわかる成分ではありません。

イビサクリームの効果がわかるまでの期間を考える際に知っておきたいことは、イビサクリームは肌の働きを整えながら有効な美白ケアをするクリームであることです。

メラニン色素を刺激しない生活習慣も忘れずに!

イビサクリームの効果が出るまでの期間は1日や1週間程度でははっきり実感できないと思います。クリームの継続使用と一緒に美白のために意識したいのは普段の生活でアプローチできること。たとえば肌をゴシゴシこすって洗うのはメラニンを発生させる原因。デリケートゾーンはとくに念入りに洗いたくなる部分ですが、泡洗顔のようにやさしく洗うとメラニン予防にもなりますよ。

また人気のフラッシュ脱毛も光の照射で肌のくすみが悪化することがあります。サロンに通っている間はアフターケアをしっかり行い肌の保湿で乾燥予防すると安心です。下着のムレや摩擦、生活習慣の乱れによる肌トラブルも注意し、規則正しい生活リズムや栄養補給も心がけたいですね。

まとめ

イビサクリームの効果がわかる期間は人によって違うと思います。毎日のボディケアとして楽しみながら続ければ決して手間になることではありません。クリームを塗るだけの美白ケアなので、諦めずにコツコツ続けてくださいね。

黒ずみケアは簡単 ↓↓ /

 

 

コメントは受け付けていません。